苦労しているのに稼げない悲痛な話は口コミ体験談で!

苦労しているのに稼げない悲痛な話

悔しい思いをしている女性「人生苦労しているのに稼げない!」とか、「年収〇〇円稼げたら○○できるのに・・・」なんて思ったことありませんか?確かに人生は自分の思った通りに事を運ぶのは難しい事ですよね。

私も一昨日友達に延々と、そんな悲痛な話を飲みながら聞いていたので疲れましたが、世の中にはどれくらいそんなことで悩んでいるんだろうって思って、悲痛なネタ、苦労話などを集めてみました。

そしたら色々な苦労話、悩み、悲痛な話が出てきましたので、今回はコチラにそれらの話を貼っておきます。なんか人生に納得のいっていない方、ちょっと苦労話を読んでみたい方がいらっしゃった場合は、参考にしてみてくださいね♪

ワーキングプアから抜け出せない

働いても働いてもなかなか生活が楽になりません。共働きで働いていますが、子供が三人いるため、生活費や教育資金でなくなってしまいます。「子供がある程度大きくなったら私の仕事量を増やして少しは楽になるかな。」と考えていましたが、子供が大きくなると習い事などの出費が増えて結局貧乏なままです。

憧れだった仕事についたけど、大人になると憧れだけでは生きていけないと気づきました。

子供の頃からの憧れの保育士の仕事をしています。男性からのウケもよく、可愛い子供たちと楽しく過ごす素敵な仕事です。常に「なりたい職業ランキング」にも入ってる人気の仕事だと思います。私も実際仕事をしていて楽しいしとてもやりがいを感じています。でも本当にお給料が労働に見合ってないと思うんです。朝早くから預かり保育のため出勤し、子供が帰った後もやることたくさんで帰るのは遅くなり。残業ばかりしているわけにもいかないので帰ってからも家で工作やお手紙作成・お遊戯会の衣装づくりなど。お給料が少ないのは初めからわかっていましたが、年々忙しさは増すのにお給料はほとんど増えません。今は実家暮らしなのでなんとかなってますが、一人暮らしなんてとてもじゃないけど無理です。貯金もできません。こんなことなら普通の企業に就職してアフター5を楽しんだり、会社帰りにご飯いったりしたかったです。仕事自体はとても楽しいのですが、このまま続けるか悩んでしまいます。憧れだけで安易に仕事選んではいけないなと身に染みて感じております。

病気で大学研究員を辞めて多額の奨学金だけが残ってしまった

双極性障害歴21年の男性です。24歳に発症しました後、うつ病として治療を受けていました。双極性障害の場合、うつ病治療を続けると悪化させると言います。私は闘病しながら医学系の大学院で博士号を取り、研究員として大学院で勤務してましたが、病気はどんどん悪くなり8年前に退職に追い込まれました。8年たった今も仕事もできず、学費や生活費のために借りた奨学金が数百万円が残っています。少しでも働けるようになって借金を返したいです。

夢見る貧乏

宝くじが当たったらどうするかという事ばかり考えてしまいます。数千万当たったらいくら貯金して、いくら何に使って、不動産を持てたら心強い…など。妄想は段々リアルになっていきます。そして、ここまで使い道を練れば人生何も問題ないな、と思ったところで現実では宝くじが当たってないことを思い出すのです。

ヤフオクに挑戦したものの・・・

ヤフオクを上手く使えば儲かるかと思ってやってみました。安く買って来た物をに少しマージンを乗せて安く販売すれば売れるかなと思ったのですが、そう甘い物で無く中々売れない。注目度を高めるためのオプションを付けると都度追加料金もかかる上、以外にシステム利用料がネックで結局甘利利益にならなかったり。簡単に儲かるなら誰も苦労しないとはいえ、手数料の類も計算に入れて考えないといけないですね、商売は難しいと痛感しました。

あってもあっても足りない

お金ってどれだけ稼いでも足りない気がするんですよね。もっと稼げたら…まずは駅の近くの高層マンションに住んで、良い車買います。すごく現実的だけど。あとは海外旅行に行きます。今だとアジア圏くらいしかいけないからヨーロッパとか行きたいですね。

将来計画甘過ぎました

10代の頃、将来について全く考えていなくて、なんとな~く短大の英文科に進学しました。短大在籍中には漠然とフライトアテンダントになれたらな~なんて思っていました。結局、バイトで忙しくたいした勉強もしないまま、就職したのは地元の会社の総務経理部。三年後、残業キツくて退職してしまい今は派遣事務。もっと将来のこと真剣に考えておけば良かったです。事務は給料安すぎで貯金なんかたまりません。

最低賃金が700円程なのですが

アルバイトしていた時の話。私の地域は最低賃金が700円程なのですが、前にやっていたバイトは時給が900円から始まり、1300円まで上がりました。時給だけ見るとすごく高いのですが同じような仕事をしている人が時給1800円ほど。早く入っただけなのに…これには納得いかなかったです。

年収2000万あったら

お金の稼ぎ方って、学校では教えてもらえない。年収2000万、億を取る取り方なんて、教えてくれない。そして、やりたい事を仕事にしても稼げない。私はいつもそう思って思っていました。今は頑張っても頑張っても、給料が上がるわけでもないし、残業代までカットされてしまう。年収2000万あったら、人生の悩みなんてなくなるのにと思います。

漫画家になりたかった

今は本屋で働いてるんですけど、本当は漫画家になりたかったんです。けど、実際作品を書いて出版社に応募しても落選続きだし、有名漫画家のもとで勉強を兼ねてアシスタントもしたら、徹夜続きで倒れてしまいました。憧れと現実の違いがつらいです。

もっと早く言ってくれ

食育やエコ、郷土料理に興味関心があり、食育アドバイザーとして独立起業しようと考えていました。そのために資格も取りましたし(通信講座)、1か月間の起業講座にも通いました。でも、講座終了後、個別相談に行ったら、その時講師に初めて言われたんです、「君のプラン、儲からない」って。私は何のためにこの人の口座を1か月も受講していたのか……高いお金払って、と思ったら気が抜けました。

したいこと・できること≠稼げること

食育アドバイザーとして、料理教室を主宰しようと考えていました。でも巷には料理教室も料理レシピもたくさんあるんですよね。そういったライバル達に勝てる強みを打ち出すことに頓挫しました。確たるニーズを発掘できなかったこともあり、自身がなくて結局諦めました……。自分が好きなこと・できることでお金を頂けたら最高だけど、人生そんな甘くないんだな。誰しもボランティアで対価を払うではないですから。

私の夢

私の接客業の時給は県の最低賃金。フルタイムで残業して働いても月に一四万程度。そのお金も年金・住民税・家賃に生活費に殆ど消えて行って貯金もできない。私なんの為に生きてるんだろう。あ~あ、本当は大学に行って学校の先生になりたかったな……。

数十円なんていう子どものお小遣いよりも安い

「自分の時間をもっと自由に使いたい。自分の裁量で働きたい。」そんな考えから、今、流行りのクラウドソーシングサイトに登録してみました。今すぐ報酬をもらえる仕事もたくさんありました。でも、数十円なんていう子どものお小遣いよりも安い値段。報酬が高いのは競争相手が多そう。稼ぐのは簡単ではなさそうです。

年収が100万円でも増えたら

元々は製薬会社の正社員でした。結婚して引っ越すのを機に退職せざるを得ず、派遣社員になりました。ボーナスもない派遣は、給料がぐっと下がりました。戻れるならまた正社員に戻りたいです。今より年収が100万円でも増えたら、もっと外食や旅行を楽しめるのにと思います。

出版社に入社して漫画家の先生に会いたかった

今は図書館勤務で給与は安定、勤務時間も定時ですが、文学部卒業なので出版社に入社すればよかったと後悔しています。多少勤務時間が不規則で給与が安くてもも漫画家の先生に会えたり、一緒に子供達に夢を与える漫画を創りたかったです。

人生運がないと言えばそれまでだが・・・

大学卒業後、最初に就職した会社が景気の悪化から給料も世間の水準以下という状況になりました。一念発起し脱サラしたものの、もともと商売っ気もなく、また努力もしてこなかったため成功とは言えませんでした。その後ライセンスを取ろうと頑張ってはみたもののはっきり言って努力不足!いまだに低レベルな仕事をしています。お金さえあればもう少し頭の良い稼ぎ方をしたいのですが・・・。肝心のものがありません。

介護と家事で稼げないのだ!

父は90歳呼吸器疾患があるので、薬管理、酸素の管理、病院の付き添い、介護事業者さんの応対で、忙しい。おまけに家事をこなさないといけないので、仕事にでかけられず、したがって、稼ぐことが出来ない。英語の再勉強を合間にし、睡眠不足でふらふらなのに、なんか辛いなあ。

スマホアプリを開発したはいいが

スマホアプリを開発して公開しましたが全然ダウンロードされず、まったく儲かりません。広告収入を期待していたのですが、アプリが普及しないためほぼゼロです。多くの時間を割いて勉強したんですが、その時間でバイトでもしてれば良かったです。

チキン野郎が株式売買をすると……

自他ともに認める慎重な性格である私なのですが、思い付きで株式投資を始めました。しかし性格ゆえに、これは買いだろうと思ってもついつい様子見してしまい、チャンスを逃すということの繰り返しです。結果、売買差益はごく僅かで証券会社の手数料ばかり払っている状況です。

月に5万3000円

フリーランスで仕事をしてきたので厚生年金がありません。年金は国民年金だけです。それも60歳でもらい始めたので実質、月に5万3000円。これでは煙草代です、サラリーマンを律儀にやっていれば月に15万円以上になったのに残念です。サラリーマンを続けてきた友達がちょいと羨ましいです。

年収600万円あれば‥

僕は建築業で、現在の年収は300万円ちょっとしかありません。正直、生活はギリギリで僕が自由に使えるお小遣いはありません。もし倍の600万円あれば、自分のマイホームも買えますしいい車だって乗れます。週に1度ぐらいは友人と飲みに行ったり、自由なお金が手に入るんですけどね‥。

お金を稼ぐにはどんな考え方や行動をすればいいの?お金持ちのなり方!

f:id:sougo-info:20170311184408j:plain

ここまでは苦労しているのに稼げない悲痛な話を書きましたが、それだけでは何とも言えない悲しい気持ちになってしまうのでお金持ちになるにはどうしたら良いのか、どんな考え方や行動をすれば良いのか、

口コミで聞いてみましたので稼げない、お金がない悩みを持っている人やお金持ちになりたいという野望を持っている人などは参考にしてみてくださいね。

お金持ちになる人の特徴!

お金持ちになる人は、思考に特徴があると思います。

悩みや失敗を深く引きずらない、むしろ失敗だと感じないくらい器が大きい人が多いように感じます。

しかし、失敗を恐れないのは数多くの幅広い経験があってこその器の大きさだと思います。

さらに、お金持ちの人の思考の特徴として感謝を大切にしている人が事業などで成功しているのではないかと感じています。

感謝を大切にしていることで行動が変わってくると思います。

小さなことでもありがとうとすぐ言えたり、人のために率先して動くことが出来るなど、お金持ちになる人ほど人として基本的なことがしっかりできているのだと思います。

他にも掃除をすることが大切だとよく本などに書いてありますが、家が汚いお金持ちの人はあまりいないように思えます。

人として大事なことは何なのか、お金持ちの人はそれを理解し実行しているから成功しているのだと考えられます。

積極的に行動すること!

お金持ちになる条件の一つは「先見の目がある」ことだと思います。

つまり現状分析をしっかりして、今後どのような動きになるのかを熟慮し実行に移すことだと思いました。

私の近所に代々酒と家庭雑貨を扱っていた小さなお店がありました。

スーパーマーケットやコンビニの進出で個人経営の店は軒並み客足が少なくなり閉店していましたが、この店を継いだ若いご主人は数ある酒類の中からワインの専門店として力を入れました。

話を伺う機会がありましたので質問すると「飽食の時代ですから必ずワインブームが来る」と確信した様です。

ワインの付加価値を高めるために「ワイン講座」を開いたり、洋食屋さんとタイアップして「ワインの美味しい頂きかた」など積極的に情報を発信した結果、市内では有数のワイン専門店として君臨しています。

ワインブームにも乗りそれなりの富を築いたようです。

余裕・人脈などが必要です。

成功するためならお金を惜しまず幾らでも出すことができ、思いついたことを何の迷いも無くすぐに行動に移せる人がお金持ちになれると思います。

お金持ちになるには、それ相応のお金が必要になると考えます。

なのでそのお金を一切惜しみなく出すことが出来なければ、せっかくのチャンスを逃してしまうことになりかねません。

また日頃から、心に余裕のある人もお金持ちになると思います。

精神的な余裕がなければ、いざという時に不適切な判断を下してしまう可能性もあります。

余裕を持ち、適切な判断をすることが、お金持ちになるのに必要で大切な条件だと考えます。

最後に人脈を着実に広げる行動も不可欠です。

幅広い豊かな人脈がある事によって、得られるチャンス・機会が大幅に増えると思っています。

行動力があってアピールが得意!

お金持ちになるには、仕事をしてお金をもらうのが基本です。

働く時間というのはある程度限界があり、1年で一般的なサラリーマンなら2,000時間、ブラック企業のサラリーマンや仕事大好きな自営業の人でも3,000時間ではないでしょうか。

そうすると、1時間当たりでたくさん稼げる人がお金持ちになれます。

組織で働く人はどうしても単価に限界があります。

出世して部長や役員になるまで安い給料で働かなくてはならず、なかなかお金持ちになれません。

つまり、士業や起業をした人など自分の腕で稼ぐことを選んだ「行動力のある人」がお金持ちになる要素が高いと言えます。

そしてこの人たちは、自分から仕事を取りに行かなければ、仕事がありません。

さらに、仕事一つひとつをいかに高い価値で売り込めるかが重要です。

いくら、良い仕事、質の高い仕事をできる人でも、それが相手に伝わらなければ、仕事一つあたりの単価は限られてしまいます。

したがって、仕事を起こし仕事を取りに行く行動力と、自分の仕事を高く売り込めるプレゼン力のあるアピールが得意な人が、お金持ちになるのです。

真のお金持ちとは決して驕らない!

お金持ちと言うとやや傲慢で金銭感覚が普通とは違うイメージがありますが、本物のお金持ちというのは決してそんなことはないのかもしれません。

本物のお金持ちは案外常識人であり、金銭感覚もしっかり身についているのではないでしょうか。

そしてそのうえでケチではなく、必要なことにはお金を惜しまないような人を指すのだと思います。

ですから謙虚でお金を持っていることに驕らない人こそが真のお金持ちであり、有り余る財産を持っていてもそれに驕る人はお金持ちだとは言えない気がします。

またその考え方は常にチャレンジ精神を忘れず、高い壁が立ちはだかるような困難にも立ち向かう度胸とそこから逃げることをしないということではないでしょうか。

ケチが多い!?

お金持ちはケチが多いと昔から言われていますよね!

私がお金持ちになりたいと思った時に、会社員の少ない給料でお金を貯めるかって考えると、無駄な物や今は必要ないと思う物は買わずに余ったお金を株や為替などに投資するくらいしか思いつきません。

しかし、特に一代で財産を築くような人は、幼少期に貧しくて必要なものもない生活をしていた経験がある人が多いように思います。

だから必要最低限で生活が出来ることを知っているし、高い必要がないものには極力お金を使わないですよね!

必要経費や税金のこととかを、しっかり調べて少しでも節約出来る人じゃなければお金は残りません。

私みたいな普通の人なら面倒になって、少しくらい高値でも近くで買い物しちゃいます。

お金持ちで思い出しましたけど、マツコデラックスの番組に出演して話題になった、株主優待を使い倒す桐谷さんは正にこの種類のお金持ちじゃないでしょうか!?

重要な人たちとの結束

アメリカではかなりのお金持ちが大統領になりましたね。

そういう人を見てて思うことは、とても性格が悪いな、ということです。

お金持ちになるためには自分の利益のために、ケチになってしまうことがあるようです。

自分のためには、他人をけなしたりしながら戦うことも必要なようです。もちろん人との基本的な信頼関係は大切だと思います。

大切な関係をより深めるため、仮想の敵を作り、それをけなしたりすることによって、自分と同じ考えをもつ、自分にとって重要な人たちとの結束を強めているように思います。

このようにお金持ちになるためには、信頼だけではなく、けっこうずるい考えも大切だと考えます。

お金持ちになるためには、とても険しい道があると思います。