4月28日 19時02分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170428/k10010965501000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_020

東京証券取引所を傘下に持つ日本取引所グループの清田瞭CEOは、経営再建中の東芝の株式の上場を維持するかどうかは、
6月末までに国に提出することが義務づけられている有価証券報告書への対応を見極めてから判断するという考えを示しました。

東証はおととし、不正会計の問題が発覚した東芝を投資家に注意を呼びかける「特設注意市場銘柄」に指定し、
再発防止の取り組みなどについて審査を行っていて上場を維持するか、廃止にするかを最終的に判断します。

これについて東証を傘下に持つ日本取引所グループの清田CEOは28日の記者会見で
「東芝の有価証券報告書の提出が間に合うか、間に合わないかを確認できるまでは結論を出すのは難しい」と述べて
6月末までに国に提出することが義務づけられている有価証券報告書への対応を見極めてから判断するという考えを示しました。

また、東芝は今月発表した昨年度の第3四半期の決算で、監査法人からお墨付きが得られない
「意見不表明」という報告書を受け取る異例の事態になっていて監査法人を変更するのではないかという見方も出ています。

これについて清田CEOは「監査法人からお墨付きにあたる適正意見がもらえないならば、
別の監査法人に変えれば済むものだと受け取られかねず、一般論として望ましくない」と述べました。
(続きます)

コメント一覧
富士通 出資への明言避ける


大手電機メーカーの富士通の田中達也社長は、東芝が売却交渉を進めている半導体事業をめぐり、
東芝が目指しているアメリカの投資ファンドや複数の日本企業が共同出資する「日米連合」に参加するかどうかについて、
28日の決算発表の会見で、「現時点でお答えすることはない」と述べ、明言を避けました。

そのうえで、「当社は東芝の半導体のユーザーの立場だが、日本の産業競争力や雇用の維持の観点から、考えるべきことはあると思う。
一方、経営者としては、当社の株主に説明できることが大事で、ステークホルダー=利害関係者の理解を得ることを重視したい」と述べました。

東芝は、経営再建策の一環として、今月分社化した記憶用の半導体事業の売却交渉を進めていて、アメリカの投資ファンドのKKRを中心に、
日本の官民ファンドの産業革新機構、政府系金融機関の日本政策投資銀行、それに複数の日本企業が共同で出資する言わば、
「日米連合」のグループに売却することを目指していますが、日本企業がどの程度参加するかは、今の時点で不透明になっています


※関連スレッド
・2017/04/21
【東芝】東芝が自社株購入呼び掛け 上場廃止の恐れ、社員反発 [無断転載禁止]©2ch.net
http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1492771266/
経営判断の正解はLBOです。
https://pbs.twimg.com/media/C-VM_ZSV0AAIggJ.jpg

東芝と監査法人の関係ってまさにこれだよね
仏の顔も・・・・
何回、決算発表を延期すれば気が済むんだ!!
政府はまた税金をつぎ込むのか?
ライブドアは即死だったくせに糞ジャップ企業
>>5
何回できるかチャレンジ中
本来なら3月で上場廃止なんだが
自民党って土人だよな
貧乏人にだけ適応される自己責任とモラルハザード。